4.ハガレセンチュウ

1.生態と防除のねらい

 センチュウは、葉の気孔から侵入し、葉脈でしきられた扇形などの病斑を生ずる。降雨、かん水などの時に水滴のはね上りや、ぬれた部分を伝って移動する。
 連作すると一般に発生が多くなるので、土壌消毒する。キクのほか、キンセンカ、ヒャクニチソウ、グロキシニア、アスター、ボタン、カーベラ、ヨモギなどにも寄生し、時期的には5月から10月にかけて発生が多い。

2.防除法

  ○土壌消毒
  ○耕種的防除
(1)連作をさける。
(2)発病を認めたほ場からの芽は採集せず、頂芽繁殖を行う。
(3)被害葉は、早めに除去する。
(4)敷わらにより水滴のはね上りを防ぐ。    

3.写真

 

ハガレセンチュウ 被害葉

 写真:福岡県園芸・茶病害虫図鑑より