コスカシバ 

1.生態と防除のねらい

 年1回の発生。幼虫態で樹皮下の食害痕内に白いマユをつくって越冬する。越冬幼虫の発育程度は差が大きく、そのため成虫の羽化時期は5月〜10月の長期間にわたる。
 防除は成虫の主な発生時期(6〜9月)に殺卵および食入防止をねらって散布するが、発生時期が長いので数回の散布が必要であり、他害虫との同時防除をはかる。また秋季の食入幼虫防除も効果が高い。薬剤防除以外に、性フェロモン剤を用いた交信かく乱も効果が高い。

2.防除法(耕種的防除)

 (1) 幼虫を捕殺する。
 (2) 肥培管理により常に樹勢を健全に保つ。
 (3) 日焼、寒害、胴枯病、樹脂病等が誘因となるのでこれらの予防対策を行う。

3.写真 


被害枝と繭殻