灰色かび病  Botrytis cinerea

1.生態と防除のねらい

 病原菌は、非常に多犯性の菌である。葉及び果実に発生し、特に果実の被害が大きい。葉では6〜7月頃、落下花弁が付着し発病する。果実では貯蔵中に発病し、果実全体が軟化、腐敗するが、菌の伝染経路は明らかでない。しかし、果実を過湿状態で収穫、保存すると発病が多くなる傾向にある。生育期における葉の発病状況と収穫後の貯蔵中の果実発病にはあまり相関が認められていない。近年、果梗の損傷部からの本菌の侵入による枝枯れ症状も認められている。
 近年、本病に対するべンズイミダゾール系薬剤の効力低下が認められるため、本系剤の効果が劣る場合は別の薬剤に切り替える。

2.防除法(耕種的防除)

 (1) 園内の通風採光をよくし、過湿にならないようにする。
 (2) 落花期の花弁は努めて落とすようにする。
 (3) 果実が濡れた状態の時には収穫、貯蔵しない。

3.写真 


病果

病果断面