葉かび病   Fulvia fulva

1.生  態

 病原菌は被害植物体の菌糸で越年するが、このほかハウスのプラスチックフィルムや支柱に付着して伝染し、種子伝染も行う。
 気温が20〜25℃で多湿条件のときに発生が多い。ハウス栽培では、潅水が多すぎたり、換気が不十分で多湿になった場合に発病が多い。このほか密植による通気不良、排水不良、肥料切れ等の場合に発生が多い。
 甘太郎、甘太郎Jrは抵抗性であるが、桃太郎、ハウス桃太郎、ミニキャロル、サンチェリーエキストラなどは感受性である。

2.防除のねらい

病勢が進展してからでは防除が困難であるので、発病前または発病初期のうちに防除を徹底する。また、発病葉は早目に除去し、圃場に感染源を残さないように処分する。

3.防 除 法

 ○耕種的防除
(1) 再使用の支柱やプラスチックフィルムなどの資材を消毒する。
(2) 密植を避け通風採光を図る。
(3) ハウス栽培では換気を図り湿度を下げる。
(4) かん水過多にならないようにする。
(5) 肥料切れにしないように肥培管理を行う。

4.写真