べと病    Peronospora parasitica

1.生  態

病原菌は卵胞子及び菌糸の形で被害植物体内で越年し、降雨により分生胞子を形成し空気伝染する。また、種子伝染も考えられる。
分生胞子の発芽適温は7〜13℃で多雨時に発生が著しい。この菌は多くの場合、表皮細胞縫合部より侵入し、一部は気孔からも侵入する。
根いたみや肥料切れした場合にも発生が多い。
時期は秋季の低温多雨の時に発生が多い。

2.防除のねらい

発病初期から薬剤防除を徹底する。

3.防 除 法

 ○ 耕種的防除
(1) 病葉は除去焼却する。
(2) アブラナ科以外の作物と輪作する。
(3) 根いたみや、肥料切れしないようにする。

4.写真