萎黄病  Fusarium oxysporum f.sp.conglutinans


      Fusarium oxysporum f.sp.raphani

1.生  態

病原菌は厚膜胞子を作り、罹病植物残渣とともに土壌伝染する。また、種子伝染を行う。
導管病の一種で、多くは根が肥大し始めてから発病し、輪生する片側の下葉から黄変して生育が遅れ、ついには株全体が枯死する。切断してみると、皮層直下の導管の一部又は全部が黒褐色〜茶褐色に変わっている。病原菌の発育適温は28℃前後で、地温が17℃より低いか、35℃を越えるときには発病しない。菌は発芽後まもなく表皮から侵入して導管に達し、しだいに上方に及んで最後には全身に感染する。普通ダイコンだけを発病させるが、高温な土壌では他のアブラナ科野菜の品種によっては病原性を持つ。
土中での厚膜胞子の生存期間は2年以上であり、連作により被害が増大する。

2.防除のねらい

連作を避ける。発病のおそれがある圃場にやむをえず作付ける場合は必ず土壌消毒を行う。

3.防 除 法

 ○耕種的防除
(1) 種子乾熱殺菌を行う。(種子消毒の項参照)
(2) 連作を避ける。
(3) 抵抗性品種を選んで栽培する。

4.写真