6011−1201 
                             令和3年5月28日 
 各関係機関の長
            殿
 各病害虫防除員 
 
                    宮崎県病害虫防除・肥料検査センター所長 
 
令和3年度病害虫防除情報第3号
 
 サツマイモ基腐病について、各地域の発生状況を把握しながら適切な防除指導をお願いします。

 本年産サツマイモ栽培において、本ぽでのサツマイモ基腐病の発生が確認されました。
 今後の発生拡大が懸念されますので、発病株の除去や薬剤防除など適切な対策を実施しましょう。

1 作物名   かんしょ
 
2 病害虫名  サツマイモ基腐病

3 発生状況(経過)
(1)5月中旬に青果用サツマイモの複数のほ場(品種:高系14号)において、サツマイモ基腐病の発生が確認された(図1)。
(2)今年は、九州南部の梅雨入りが平年より早く、今後、本病に好適な条件が長く続くことが予想され、本ぽでの発生拡大が懸念される。
   
 図1 確認された発病株
   (地際数p離れた上部から発病)
 図2 典型的な発病株
   (地際から発病)
 
4 防除上の注意
【本ぽ】
(1)定植後に発病した株は、病斑部に大量の胞子を形成し(図3)、降雨等により周辺に拡がることから、ほ場での発生の有無をこまめに確認する。発病株を見つ けた場合は、早急に抜き取り、その場でビニール袋などに入れてほ場外に持ち出し、適切に処分する。
(2)発病株を除去した後は、周辺株への伝染を予防するため、登録のある薬剤による予防散布を全面に行う。なお、散布する際は、株元にしっかりと薬液がかかるよう注意する。
(3)特に長雨により発生が助長されやすいため、晴れ間を利用して薬剤散布を行う。
また、畝間に停滞水が生じるような大雨や台風の後も、速やかに薬剤散布を行い、二次伝染による蔓延を防止する。
(4)2021年4月現在、2種の銅剤(ジーファイン水和剤、Zボルドー)とアミスター20フロアブルが登録されているので、使用基準に従って適切に散布する(表1)。
(5)薬剤防除にあたっては、銅剤による予防を基本とし、アミスター20フロアブルは耐性菌が発生するリスクがあるため、連用しないよう注意すること。










  図3 病斑部に形成した分生子殻(左)及び胞子(右)
   
表1 サツマイモ基腐病に対する茎葉散布の登録農薬 (2021年4月1日現在)

    薬剤名        希釈倍数 使用回数   使用時期     使用方法

 ジーファイン水和剤     1,000倍    −    収穫前日まで     散布

 Zボルドー          500倍    −      −          散布

               2,000倍  3回以内  収穫14日前まで    散布
 アミスター20フロアブル
                  32倍  3回以内  収穫14日前まで 無人航空機による散布

 
 【これから定植するほ場】
(1)苗床に本病が発生した場合、症状のある株は速やかにハウス外に持ち出し、適切に処分する。
(2)採苗の際は、苗床の地際部から5cm以上離して採取し、採苗時のハサミはこ まめに消毒(火炎滅菌または丁寧な洗浄と拭き取り)する。
(3)ベンレート水和剤またはベンレートT水和剤20を用いて、必ず苗消毒を行う。
また、消毒液はラベルに記載してある濃度を遵守の上、十分な量を準備し、使用する当日に調整したものを用いる(表2)。
(4)本病は、排水不良のほ場で発生しやすいため、本ぽの排水対策を徹底する。


表2 サツマイモ基腐病に対する苗消毒の登録農薬(2021年4月1日現在)

    薬剤名       希釈倍数   使用回数  使用時期    使用方法

 ベンレート水和剤   500〜1,000倍  1回    植付前  30分間苗基部浸漬

 ベンレートT水和剤20   200倍     1回    植付前  30分間さし苗基部浸漬

 
《連絡先》宮崎県総合農業試験場 病害虫防除・肥料検査課
     (病害虫防除・肥料検査センター) 阿萬・久野
      TEL:0985-73-6670  FAX:0985-73-2127
      E-mail:byogaichu-hiryo@pref.miyazaki.lg.jp
 

 

PDFファイルはこちらから→令和3年度病害虫防除情報第3号