6011−1602

                                令和3年1129

各関係機関の長

各病害虫防除員 殿

 

                     宮崎県病害虫防除・肥料検査センター所長

 

           令和3年度病害虫防除情報第8号

 

 カンザワハダニについて、各地域の発生状況を把握しながら適切な防除指導をお願いします。

 

 茶のカンザワハダニが多くなっています。適期防除に努めてください。

 

1 作物名   茶

 

2 病害虫名  カンザワハダニ

 

3 発生状況(経過)

(1)カンザワハダニの密度が高い茶園では、春先の発生量が多くなり、加害されると減収、品質低下が著しいため、2月頃までに薬剤散布を行う。

  (2)チャトゲコナジラミが多い茶園は、カンザワハダニとの同時防除が行えるよう、どちらの害虫にも効果のある薬剤を選定するのが望ましい。

 


4 防除上の注意

(1)カンザワハダニの密度が高い茶園では、春先の発生量が多くなり、加害されると減収、品質低下が著しいため、2月頃までに薬剤散布を行う。

  (2)チャトゲコナジラミが多い茶園は、カンザワハダニとの同時防除が行えるよう、どちらの害虫にも効果のある薬剤を選定するのが望ましい。

 

5 その他

  赤焼病が発生している茶園では、マシン油乳剤等が発生を助長するおそれがあるので注意する。

 

 

《連絡先》

 宮崎県総合農業試験場 病害虫防除・肥料検査課

  (病害虫防除・肥料検査センター)  榎本・久野

  TEL0985-73-6670  Fax0985-73-2127

  ホームページ:http://www.jppn.ne.jp/miyazaki

  E-mailbyogaichu-hiryo@pref.miyazaki.lg.jp