6011−1650

                             令和4年12月26日

各関係機関の長

        殿

各病害虫防除員

 

                    宮崎県病害虫防除・肥料検査センター所長

 

          令和4年度病害虫防除情報第7号

 

 施設野菜のコナジラミ類について、各地域の発生状況を把握しながら適切な防除指導を
お願いします。

 

 施設野菜におけるコナジラミ類の発生が増加しています。

 今後の発生に注意し、適切な防除を行いましょう。

 

1 作物名  施設野菜(冬春きゅうり、冬春ピーマン、冬春トマト、冬春いちご)

 

2 病害虫名 コナジラミ類(タバココナジラミ、オンシツコナジラミ)

 

3 発生状況(経過)

  12月中旬の巡回調査において、県内の施設野菜各作物でのコナジラミ類の発生面積率
 は平年並〜平年より多、発生程度は平年よりやや多〜多であった(図1〜8)。

 

 (1)冬春きゅうり(タバココナジラミ:やや多)

   発生面積率:30.8%(平年22.8%、前年25.0%)   平年よりやや多

   100葉当たり虫数:7.2頭(平年0.6頭、前年1.3頭)   平年より多

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  図1 発生面積率の推移        図2 100葉当たり虫数の推移

 

 (2)冬春ピーマン(タバココナジラミ:やや多)

    発生面積率:58.3%(平年43.7%、前年66.7%)     平年並

      100葉当たり虫数:5.8頭(平年2.2頭、前年6.7頭)   平年より多

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  図3 発生面積率の推移        図4 100葉当たり虫数の推移

 

 (3)冬春トマト(タバココナジラミ:多)

    発生面積率:100.0%(平年47.0%、前年50.0%)    平年より多

    100葉当たり虫数:11.6頭(平年1.7頭、前年3.0頭)   平年より多


 

 

 

 

 

 

 

 


  図5 発生面積率の推移        図6 100葉当たり虫数の推移

 

 (4)冬春いちご(コナジラミ類:やや多)

   発生面積率:8.3%(平年4.8%、前年8.3%)       平年よりやや多

   葉当たり虫数:0.14頭(平年0.08頭、前年0.09頭)   平年よりやや多

 

   *オンシツコナジラミが優占種となっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   図7 発生面積率の推移        図8 葉当たり虫数の推移

 

 

4 防除上の注意

 (1)コナジラミ類は各種ウイルスを媒介するため(表1)、施設内で増殖しないよう
   防除を徹底する。

 (2)施設内に黄色粘着板を設置し、早期発見に努めるとともに本虫の密度を抑制する。

 (3)多発すると防除が困難になるため、低密度のうちに防除を実施する。特に下位葉
   及び施設内、施設周辺の雑草は生息・増殖の場所となりやすいため、薬剤散布によ
   る防除とともに、不要な下位葉の除去、施設内外の除草を徹底することで密度低下
   を図る。

 (4)国内で薬剤感受性の低下が報告されるなど、薬剤の効果はほ場によって異なる場
   合があるため、薬剤散布後は防除効果に注意を払い、必要に応じて適宜追加散布を
   実施する。

 (5)有効な薬剤に対する抵抗性の発達を回避する観点から、同一系統薬剤の連用を避
   け、ローテーション散布を心がける。また、抵抗性発現の可能性が低い微生物農薬
   や物理的に窒息死させる気門封鎖剤を防除体系に組み込む。

 (6)薬剤を散布する際には天敵や訪花昆虫(ミツバチなど)への影響を考慮して剤を
   選定する。

 (7)改植時には、周辺ハウスへのウイルス病拡散防止のため、薬剤を用いた残渣処理
   や施設の密閉処理を十分な期間確保して実施し、ウイルス媒介虫の死滅及びウイル
   ス病罹病株の枯死を図る。

 

 

 表1 コナジラミ類によって媒介される各作物のウイルス病

 

 

 

 

 

 

 

 

《連絡先》

 

  宮崎県総合農業試験場  病害虫防除・肥料検査課

   (病害虫防除・肥料検査センター) 椎葉

    TEL :0985-73-6670  FAX :0985-73-2127

   E-mailbyogaichu-hiryo@pref.miyazaki.lg.jp

   ホームページ:http://www.jppn.ne.jp/miyazaki