6011−1145 
                            令和3年5月10日 
 
 各関係機関の長
              殿
 各病害虫防除員
 
                    宮崎県病害虫防除・肥料検査センタ−所長 
 
令和3年度病害虫発生予察特殊報第1号について
 
 令和3年度病害虫発生予察特殊報第1号を発表したので送付します。

令和3年度病害虫発生予察特殊報第1号
 
1 病害虫名:トマト黄化病
 
2 病原ウイルス名:トマト退緑ウイルス( Tomato chlorosis virus:ToCV)
 
3 作 物 名:トマト・ミニトマト
 
4 発生確認の経過
1)令和3年(2021年)3月、県内の施設栽培トマトほ場1戸において、葉が黄化する症状が認められた(図1、2)。また、別の施設栽培ミニトマトほ場1戸でも同様の症状が確認された(図3、4)。現場ほ場より検体を採取し、宮崎県総合農業試験場においてRT−PCR法によるウイルス検定を行った結果、両検体ともに、本県未発生のトマト退緑ウイルス(ToCV)によるトマト黄化病であることが判明した。
2)本病は、平成20年(2008年)に栃木県で初めて確認され、九州、関東、中部、四国を中心に21都県で確認されている。
 
5 病徴
1)本病の初期症状は、下位葉から中位葉の一部で葉脈間が退緑黄化し、斑状の黄化葉となる。
2)症状が進むと葉脈に沿った部分を残して葉全体が黄化し、えそ症状が現れる。
3)本病の黄化症状は苦土欠乏症に似ており判別が難しい。
4)発病株では生育が抑制され、収量が減少する傾向にある。
 
6 病原ウイルスの特徴
1)本ウイルスは、クリニウイルス属に属し、タバココナジラミ(バイオタイプB及びQ)及びオンシツコナジラミが媒介する。
2)本ウイルスを吸汁したコナジラミ類は、数時間から数日間ウイルス媒介能を有する。
3)本ウイルスが属するクリニウイルス属ウイルスは、経卵伝染、汁液伝染、種子伝染、土壌伝染はしないとされている。
 
7 防除対策
1)媒介虫であるコナジラミ類の防除を徹底する。なお、農薬で防除する際は、同一系統の薬剤の連用を避け、ローテーション散布を心がける。
2)施設の開口部に防虫ネット(0.4mm以下)を設置する。
3)発病株は直ちに抜き取り、ほ場外に持ち出し適切に処分する。
4)コナジラミ類の増殖を防ぐため、施設内及び施設周辺の雑草を除去する。
5)施設外にコナジラミ類を分散させないため、栽培終了時にはハウスを密閉し、コナジラミ類を死滅させる。
   
 図1 施設内の発生状況(トマト)  図2 葉の黄化症状(トマト)
   
 図3 施設内の発生状況(ミニトマト)  図4 葉の黄化症状(ミニトマト)
 
《連絡先》
宮崎県総合農業試験場 病害虫防除・肥料検査課
(病害虫防除・肥料検査センター) 久野・椎葉
TEL :0985-73-6670  FAX :0985-73-2127
E-mail:byogaichu-hiryo@pref.miyazaki.lg.jp
ホームページ:http://www.jppn.ne.jp/miyazaki