注意報  注意報  注意報  注意報  注意報  注意報  注意報  注意報 
 6011−1258 
令和3年6月22日 
 各関係機関の長
 各病害虫防除員 殿
 宮崎県病害虫防除・肥料検査センター所長 
 
 令和3年度病害虫発生予察注意報第1号について

令和3年度病害虫発生予察注意報第1号を発表したので送付します。

令和3年度病害虫発生予察注意報第1号

 本年産かんしょ栽培において、サツマイモ基腐病の発生が散見されています。
 今後の発生拡大を防止するため、発病株の除去や薬剤防除など適切な対策を実施しましょう。

 
1 病害虫名 : サツマイモ基腐病

2 作 物 名 : かんしょ


3 発生地域 : 県下全域(県北地域を除く)

4 発 生 量 : −

5 注意報の根拠
(1)5月中旬に青果用かんしょの複数のほ場において、サツマイモ基腐病の発生が確認された(令和3年度病害虫防除情報第3号、5月28日発表参照)。

(2)その後、原料用かんしょにおいても、本ぽでの発生が確認されており、県内各地で本病の発病が散見されている。

(3) 九州南部の向こう1か月(6月19日〜7月18日)予報から、平年同様に曇りや雨が多い見通しであるため(鹿児島地方気象台6月17日発表)、本病の蔓延に好適な環境が続くと予想される。
 また、昨年実施した発生消長調査では、梅雨時期に発病が急激に増加する傾向が見られたことから(図1)、今後、更なる発生拡大が懸念される。



図1 サツマイモ基腐病の甚発生ほ場における発生推移
(2020年調査、4月下旬定植)


図2 発病株の様子(左:茎葉の萎れ、右:株元の黒変)
6 防除上の注意
(1)定植後に発病した株は、病斑部に大量の胞子を形成し、降雨等により周辺に拡がることから、ほ場での発生の有無をこまめに確認する。発病株を見つけた場合は、早急に抜き取り、その場でビニール袋などに入れてほ場外に持ち出し、適切に処分する。

(2)発病株を除去した後は、周辺株への伝染を予防するため、登録のある薬剤による予防散布を全面に行う。なお、散布する際は、株元にしっかりと薬液がかかるよう注意する。

(3)特に長雨により発生が助長されやすいため、晴れ間を利用して薬剤散布を行う。また、畝間に停滞水が生じるような大雨や台風の後も、排水を促し、速やかに薬剤散布を行い、二次伝染による蔓延を防止する。

(4)2021年4月現在、2種の銅剤(ジーファイン水和剤、Zボルドー)とアミスター20フロアブルが登録されているので、使用基準に従って適切に散布する(表1)。

(5)薬剤防除にあたっては、銅剤による予防を基本とし、アミスター20フロアブルは耐性菌が発生するリスクがあるため、連用しないよう注意すること。

(6)無人航空機による散布を行う際は、気象条件の変化を随時確認しながら、飛散(ドリフト)が起こらないよう十分注意する。

表1 サツマイモ基腐病に対する茎葉散布の登録農薬 (2021年4月1日現在)

    薬剤名       希釈倍数   使用回数    使用時期      使用方法

ジーファイン水和剤     1,000倍      −     収穫前日まで      散布

Zボルドー          500倍      −        −        散布

              2,000倍    3回以内   収穫14日前まで    散布
アミスター20フロアブル
               32倍    3回以内   収穫14日前まで   無人航空機
                                      による散布



●サツマイモ基腐病の生態や防除対策の詳細については、農研機構のHPに掲載されている「サツマイモ基腐病の発生生態と防除対策」を参照する。
●6月1日から8月31日までの3か月間、農薬危害防止運動を実施します。農薬散布にあたっては、ラベル表示の確認を十分に行い、農薬使用基準を遵守し、危害防止に努めましょう。





 
《連絡先》宮崎県総合農業試験場 病害虫防除・肥料検査課
    (病害虫防除・肥料検査センター) 阿萬・久野
    TEL:0985-73-6670  FAX:0985-73-2127
    E-mail:byogaichu-hiryo@pref.miyazaki.lg.jp