注意報  注意報  注意報  注意報  注意報  注意報  注意報  注意報 

                            6011−1377

                            令和4年8月23日

各関係機関の長

各病害虫防除員 殿

                    宮崎県病害虫防除・肥料検査センター所長

 

令和4年度病害虫発生予察注意報第2号について

 

     令和4年度病害虫発生予察注意報第2号を発表したので送付します。

 

令和4年度病害虫発生予察注意報第2号

 

 斑点米カメムシ類の発生が多くなっています。防除の徹底を図りましょう。

 

1 病害虫名 : 斑点米カメムシ類

 

2 作 名 : 普通期水稲

 

3 発生地域 : 県下全域

 

4 発 量 : 多

 

5 注意報の根拠

1)     8月上〜中旬の巡回調査(41ほ場)における、斑点米カメムシ類の発生面積率は17.

1%(平年6.8%)、発生程度(20回すくい取り虫数)は0.8頭(平年0.2頭)でいずれ

も平年比多であった(図12)。特に、畦畔や水田内に出穂したイネ科雑草等が多いほ

場で、斑点米カメムシ類の発生が多い傾向にあった。

 

2)     種類別虫数平均(20回すくい取り)では、クモヘリカメムシが0.59頭(平年0.09頭)、

ホソハリカメムシが0.10頭(平年0.03頭)と多かった(図3)。また、一部の予察灯で

はイネカメムシの大量誘殺が確認されている(8月1〜3半旬合計:551頭、データ省略)。

 

3)     向こう1か月の天候は、平均気温は高い見込みと予想されている(鹿児島地方気象台8月18

日発表1か月予報より)ことから、カメムシ類の活動に好適であることが推測され、注意が必要

である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 8月上〜中旬の発生面積率(過去10年) 2 8月上〜中旬の発生程度(過去10年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 種類別虫数平均(20回すくい取り)

 

 

 

 

 

 

 

 

4 主な斑点米カメムシ類

(左上からクモヘリカメムシ、ホソハリカメムシ、ミナミアオカメムシ、シラホシカメムシ、アカスジカスミカメ、

 イネカメムシ)

 

 

 

 

 

 

6 防除上の注意

1) 防除は穂揃期とその7〜10日後の2回防除を基本とするが、発生が高密度の場合はさらに

追加防除を実施する。

 

2) 地域全体の発生密度を下げるため、可能な限り、広域での一斉防除を実施し、防除効果を

高める。

 

)農薬を使用する際は、必ず容器のラベルの登録内容を確認する。

 

)散布の際は、周辺の作物の栽培状況を確認し、他の作物への農薬飛散防止対策を講じ

る。

 

)薬剤等その他の詳細については関係機関に照会する。

 

7 その他

  6月1日から8月31日の3か月間は、農薬危害防止運動を実施しています。農薬散布に

あたっては、ラベルの登録内容の確認を十分に行い、農薬使用基準を遵守し、危害防止に

努めましょう。

 

《連絡先》

 宮崎県総合農業試験場病害虫防除・肥料検査課

 (病害虫防除・肥料検査センター) 阿萬

  TEL0985-73-6670  FAX0985-73-2127

  E-mailbyogaichu-hiryo@pref.miyazaki.lg.jp