6331−15
                            平成13年4月26日
 各関係機関長
 各病害虫防除員  殿
                            宮崎県病害虫防除所長
       平成13年度病害虫発生予報第1号について
 平成13年度病害虫発生予報第1号を発表したので送付します。

  平成13年度病害虫発生予報第1号
 
 向こう1か月間における農作物の主な病害虫の発生動向は、次のように予想されます。
○ 発生予報の概要


作 物 名
 


 病 害 虫 名
 

発  生  量

本文での

 記載ページ

平年比

早期水稲

 

葉いもち
スクミリンゴガイ
イネミズゾウムシ




P2
P2
P2

冬春きゅうり
(半促成)

 

べと病
うどんこ病
褐斑病
ミナミキイロアザミウマ


やや多
やや多
やや少

P2
P2
P3
P3

冬春ピ−マン

 

斑点病
うどんこ病
ミナミキイロアザミウマ



 並 

P3
P3
P3

冬春トマト

 

葉かび病
コナジラミ類
ハモグリバエ類



並(前年比)

P3
P3
P3

野菜・工芸作物全般

アブラムシ類
 

やや多
 

P4

かんきつ

 

そうか病
かいよう病
ミカンハダニ




P4
P4
P4








 

炭そ病
カンザワハダニ
チャノコカクモンハマキ
チャノホソガ
チャノミドリヒメヨコバイ
チャノキイロアザミウマ
クワシロカイガラムシ
 

やや多




やや少

 

P4
P4
P5
P5
P5
P5
P5
 
 
○ 5月の気象予報 
  気温は平年並、降水量は平年並か平年より多い見込み。(1か月予報 鹿児島地方気象台4/20発表)
 
 
○ 発生予報の根拠および防除対策

早期水稲
 
1 葉いもち
 [予報の根拠]
 1) イネの生育は平年並である。
 2) 育苗箱施薬は前年並で、栽培面積の5割以上に及ぶと見込まれる。
 3) 5月の気温は平年並、降水量は平年並か平年より多いと予想されている。
 [防除上の注意]
 1) 気象条件に注意し、ほ場での初発生を確実に把握する。病斑が認められたら直ちに粉剤または液剤で防除する。 
 2) 箱施薬をしていないほ場では、発生初期の防除が手遅れにならないよう注意する。

2 スクミリンゴガイ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率14.6%(平年14.8%)、u当たり貝数0.3頭(平年1.1頭)は平年並である。
 [防除上の注意]
 1) 水田の入排水口には金網を張り、貝の侵入を防止する。
 2) 貝の生息数が多い場合は、捕殺するか粒剤の水面施用を行う。
 3) 粒剤の水面施用に際しては水管理に十分注意し、水深が3cm程度になるように調整し、少なくとも4日間はかけ流し、落水はしない。

3 イネミズゾウムシ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率39.6%(平年37.1%)、百株当たり虫数6.4頭(平年3.0頭)は平年並である。
 2) 移植期の早い水田を主体に、畦畔際のイネに食害が見られる。
 [防除上の注意]
 1) 気温が上昇してくると飛翔活動が活発になる。水田への侵入最盛期は5月上旬頃と予想される。
 2) 発生量が多い場合は、越冬成虫の侵入盛期に粒剤の水面施用を行う。水面施用に当たっては水管理に十分注意し、水深が3p程度になるように調整し、少なくとも4日間はかけ流しや落水はしない。



冬春きゅうり(半促成)
 
1 べと病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率77.8%(平年83.5%)、発病葉率13.3%(平年21.1%)は平年並である。

2 うどんこ病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率22.2%(平年28.9%)は平年並、発病葉率6.1%(平年4.0%)は平年よりやや多い。

3 褐斑病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率44.4%(平年21.2%)、発病葉率9.7%(平年2.7%)はやや多い。

4 ミナミキイロアザミウマ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率5.5%(平年29.5%)、1葉当たり虫数0.06頭(平年1.5頭)は少ない。



冬春ピ−マン
 
1 斑点病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率36.4%(平年59.0%)は平年よりやや少なく、発病葉率4.0%(平年10.1%)は平年より少ない。
 2) 5月の気温は平年並、降水量は平年並か平年より多いと予想されている。
 [防除上の注意]
 1) ハウス内の換気を良くし、高温多湿にならないよう注意する。
 2) 整枝を行って茎葉が過繁茂にならないよう管理する。

2 うどんこ病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率18.2%(平年41.5%)、発病葉率2.5%(平年5.9%)は平年並である。

3 ミナミキイロアザミウマ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率27.3%(平年43.2%)、10花当たり虫数1.9頭(平年2.4頭)は平年並である。
 [防除上の注意]
 1) 常に観察を行い、低密度のうちに防除を徹底する。
 2) 本虫は薬剤抵抗性が発達しやすいので、同一薬剤の連用を避け、作用性の異なる薬剤のロ−テ−ション使用を行う。

冬春トマト
 
1 葉かび病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率9.1%(平年13.9%)、発病葉率1.5%(平年2.5%)は平年並である。

2 コナジラミ類
  [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率9.1%(平年13.9%)、1葉当たり虫数0.2頭(平年0.3頭)は平年並である。

3 ハモグリバエ類
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率25.0%(前年20.0%)は例年並、寄生葉率5.6%(前年2.7%)は例年よりやや多い。
 
 

野菜、工芸作物全般
 
1 アブラムシ類
 [予報の根拠]
 1) 黄色水盤トラップでの誘殺状況は4月以降やや多い。 

かんきつ
 
1 そうか病
 [予報の根拠]
 1) 古葉での越冬病斑量は平年並である。 
 2) 新葉での初発生は4月16日現在確認されていない。
 3) 5月の降水量は平年並か、平年よりやや多いと予想されている。
 [防除上の注意]
 1) 重点防除時期は萌芽期(芽の長さ3o)、落花期、幼果期である。

2 かいよう病
 [予報の根拠]
 1) 古葉での越冬病斑量はや平年並である。 
 2) 4月中旬の強風雨により発生が助長された可能性がある。
 3) 5月の降水量は平年並か、平年よりやや多いと予想されている。
 [防除上の注意]
 1) 開花直前、落花後、梅雨期、秋芽生育期に予防散布する。

3 ミカンハダニ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率14.8%(平年21.6%)、寄生葉率2.6%(平年3.0%)は平年並である。
 [防除上の注意]
 1) 生息密度が高くなると防除効果が劣るので、寄生葉率30%(1葉当たり虫数0.5〜1頭)を目安に防除を行う。


 
1 炭そ病
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率26.7%(平年39.4%)、u当たり病葉数4.9(平年3.4)は平年並である。
 2) 5月の降水量は平年並か、平年よりやや多いと予想されている。

2 カンザワハダニ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率26.7%(平年51.9%)、寄生葉率1.1%(平年6.8%)は平年よりやや少ない。
 [防除上の注意]
 1) 晩霜害後に多発しやすいので、被害園では注意する。
 2) 同一薬剤の連用を避け、作用性の異なる薬剤のロ−テ−ション散布を実施する。
 3) 合ピレ剤の春季使用はリサ−ジェンスが発生しやすいので注意する。
3 チャノコカクモンハマキ
 [予報の根拠]
 1) フェロモントラップでの誘殺状況では、発蛾最盛期は4月3半旬で、発蛾量は平年並である。

4 チャノホソガ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率13.3%(平年12.0%)、u当巻葉数0.1(平年0.6)は平年並である。 
 [防除上の注意]
 1) 三角巻葉前に防除することが必要で、発蛾最盛期の約10日後が防除適期である。
 2) 脱皮阻害剤は遅効性なので卵期に散布する。

5 チャノミドリヒメヨコバイ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の発生面積率6.7%(平年7.5%)、払落虫数0.1頭(平年0.1頭)は平年並である。

6 チャノキイロアザミウマ
 [予報の根拠]
 1) 4月中旬の巡回調査では新芽での発生は未確認である。
  (平年 発生面積率34.8%、払落虫数2.9頭)
 [防除上の注意]
 1) 2番茶期から発生が増えてくるので注意する。

7 クワシロカイガラムシ
 [防除上の注意]
 1) 第1世代幼虫の初発時期は地域間差及びほ場間差があるため、ふ化状況をよく観察し、防除適期を把握する。
 2) 薬剤散布は量を多めに(10a当たり1,000リットル)、噴口を茶株の中に差し込んで枝幹に十分かかるように行う。
○ その他

1 防除等の詳細については「平成13年度病害虫、雑草防除等指導指針」を参照する。

2 農薬の使用に当たっては、農薬安全使用基準の遵守並びに危被害の発生防止に努める。特に水質汚濁性農薬ベンゾエピン剤(商品名、マリックス乳剤、粒剤等)は使用しないこと。

3 発生量(程度)の区分
  多  い     (高  い)    やや多いの外側10%の度数の入る幅
  やや多い   (やや高い)   平年並の外側20%の度数の入る幅
  平年並              平年値を中心として40%の度数の入る幅
  やや少ない  (やや低い)  平年並の外側20%の度数の入る幅
  少ない      (低  い)    やや少ないの外側10%の度数の入る幅
                (平年値は過去10年間の平均)

○ お知らせ(http://jppn.ne.jp/miyazaki/)
  病害虫防除所では、ホームページで情報を提供しています。予察情報の根拠となる地域別調査データ、防除対策等を登録しています。ぜひご利用ください。
(最近の追加登録内容)
 ・トマトサビダニの生態と防除対策
 ・主要病害虫の発生動向
  (平成12年度産、冬春ピーマン、冬春トマトの4月の巡回調査結果)
 ・ミナミキイロアザミウマの生態
 ・カンキツの黒点病防除用簡易降水量計の製作法
 ・植物の病気の簡易検定法