イネ葉いもち発生予測モデル BLASTAM(大分県アメダス地点)

発生指標
好適条件: 湿潤時間中の平均気温が15度C〜25度Cであり、湿潤時間が湿潤時間中の平均気温ごとに必要な時間を満たし、当日を含めてその日以前5日間の日平均気温の平均値が20度C〜25度Cの範囲にある
準好適条件: 湿潤時間は10時間以上であるが、前5日間の平均気温が20度C未満
準好適条件: 湿潤時間は10時間以上であるが、前5日間の平均気温が25度C以上
準好適条件: 湿潤時間は10時間以上であるが、湿潤時間中の平均気温が15度C〜25度Cの範囲外
準好適条件: 湿潤時間が湿潤時間中の平均気温ごとに必要な時間数より短い
好適条件なし
判定不能

感染好適条件判定結果(下図をクリックすると拡大されます)

 ●「葉いもち」の発生予測です。
 ● 大分県では7月〜8月中旬までが適合しやすいという過去の試験結果があります。
 ● その調査では、アメダス地点のうち院内、日田、玖珠、竹田、佐伯、宇目が適合しやすい傾向が見られました。

6月 7月 8月
2019  
2018  
2017  
2016  
2015 注意報発表
 
2014 穂いもち警報発表
8月記録的日照不足
2013  
2012 注意報発表
2011 防除技術情報発表
2010
2009 防除技術情報発表
注意報発表
2008  
1993 記録的冷夏長雨