防除指針の入り口は下の方にあります。

本指針は、独立行政法人 農林水産消費安全技術センター が発表する情報を元に更新しています。
万全を期すよう努力していますが、手作業のため最新情報とのタイムラグが生じます。
また、万が一の人為的ミスもあるかもしれませんので、農薬を購入または使用する際は必ず最新情報を確認するとともに、ラベルに記載されている安全使用基準を遵守してください。


農薬の安全使用基準(濃度、収穫前日数、適用作物等)は頻繁に変更があります。必ず最新の農薬登録情報をご確認ください。

小型無人機(無人ヘリコプター、ドローン等)による農薬散布に関する情報 短期暴露評価により変更される農薬の使用方法について

参考サイト
間違いやすい事例
  • 「ベビーリーフ」は、収穫時期がその作物の想定より早いので、(例)「みずな」のベビーリーフであれば、みずなの登録農薬は使えません。ベビーリーフであれば、すべて「野菜類登録」の農薬だけが使えます。
  • 土壌消毒を苗床と本圃で行う場合、登録に「苗床1回、本圃1回」と書かれてあれば両方に使えますが、「1回」と書かれていれば、その成分を含む土壌消毒材は苗床か、本圃かどちらかで1回しか使えません。
  • 春の七草に使用できる農薬の考え方についてまとめました。
↓ 防除指導指針はこちらから ↓ 
 
参考サイト(専門的情報)