イ ネ
いもち病


被 害

葉いもちによる被害(ずり込み症状) 穂いもちによる被害

発生生態

ア.病  徴

葉 い も ち の 病 斑
強  伝染力   弱
急性型病斑
形 : 楕円形
色 : 暗褐色
停止型病斑
形 : 紡錘形
色 : 褐色
褐点型病斑
形 : 点
色 : 褐色

穂 い も ち
穂首いもち 枝梗いもち


イ.発生消長


山間部や早生品種では、穂いもちの発生がやや早くなる。


ウ.伝染経路と発生しやすい条件



発生予察方法

ア.葉いもちの調査法
(ア)初発生確認調査
 @ 調査時期・場所
     時期 : 6月上旬〜初発生確認まで、7〜10日間隔
     場所 : 水田畦畔沿い
 A 調査方法
   畦畔沿い(100m程度)をゆっくり歩きながら、2〜3列の株について、上から2〜3枚目の葉を中心に観察する。
(イ)初発生確認後の調査
  @ 調査時期・場所
     時期 : 初発生確認〜梅雨明けまで、7日間隔
     場所 : 水田内で発生しているところを中心に
  A 調査方法
     発生がみられるところを中心に50株を選び、病斑の種類、上から2〜3枚目の葉の発病の有無を調査する。
イ.穂いもちのための調査法
  @ 調査時期
     出穂7〜10日前から出穂期まで1回
  A 調査方法
     1カ所に当たり25株で2カ所、、計50株について、上位2葉の発病の有無を調査する。

調査結果の診断と防除

ア.葉いもち防除の診断

イ.穂いもち防除の診断
(ア)出穂直前の防除は必ず行う。
(イ)穂揃い期防除の診断


防除方法

ア.発生調査に基づく防除法
葉いもち…防除が必要と診断されたら、直ちに登録薬剤により防除を行う。
       出穂前に上位葉が発病すると、穂いもちへの移行につながるので、とくに出穂前には注意が必要。

穂いもち…出穂直前の防除は、必須となる。調査結果の診断により穂揃い期防除が必要と診断されたら、追加防除を行う。薬剤はラブサイド、ビーム、ブラシン、ヒノザンなどを用いて追加防除を行う。
イ.予防防除及び耕種的防除
(ア)予防防除

 ○葉いもち
  中山間〜山間地等の常発地では、育苗箱施用剤または水面施用剤による予防防除の効果が高いので、これらを使用したうえで、調査結果の診断を行うとよい。

 ○穂いもち
  水面施用剤使用する。
(イ)耕種的防除

 ○健全な種子を使用し、塩水選と種子消毒を必ず行う。
 ○補植用置き苗が発生源となる場合が多いので、これらの処分を徹底する。
 ○窒素肥料が多いと発病が助長されるため、窒素肥料の施用量を守る。
 ○冷水の入るところでは発病しやすいので、水温を高める工夫をする。