らっきょう
灰色かび病

被 害

ほ場での発生状況
葉の症状 りん茎の症状
葉先枯れ症状(病徴写真を参照)は白色疫病と似ており、注意が必要。
灰色かび病は枯死した葉に胞子を形成する。

発生生態

      ア 病 徴

白点型 斑紋型
(胞子形成がさかん)
葉先枯れ

      イ 発生消長

      ウ 発生しやすい条件

       ○4月が高温で5月に雨が多いと発病が多く、5月に低温であれば発病は更に多くなる。
       ○日陰になるような畑、多湿なところに発病が多い傾向がある。
       ○白色疫病の発病が多いと、灰色かび病が多発しやすくなる。
       ○茎葉が過繁茂しているほ場では発病しやすい。

発生予察法

       ア 調査時期 ・場所

          調査時期 :3月下旬〜5月下旬 :概ね10日ごと調査
          場    所 :本ぽ

       イ 調査方法

         ほ場全体で10地点を選び、1地点5株につき発病調査を行う。

調査結果と診断と防除

防除方法

      ア 発生調査に基づく防除法

        発生し始めると急速に広がるので、早期発見、早期防除に心がけ、薬剤を散布する(散布時には必ず展着剤を加用する)。使用薬剤については、
        地区の防除暦や県作成の主要農作物病害虫防除暦等を参考とする。
        なお、農薬の登録情報は刻々と変わるので注意が必要。最新の登録情報は農林水産省ホームページより確認できる。

      イ 予防防除及び耕種的防除法

       (ア) 多肥料、特に窒素肥料の過多を避ける。
       (イ) 種球を灰色かび病発生ほ場から採取すると、ほ場を汚染される恐れがあるため、健全ほ場のものを使用する。
       (ウ) 収穫残さを焼却する等、ほ場の衛生管理を徹底する。