アブラナ科野菜全般
コ ナ ガ

被  害

キャベツの被害

発生生態

    ア 種  類

コナガの成虫(体長:6mm) コナガの老齢幼虫(体長:10mm)

    イ 発生消長
 

    ウ 発生しやすい条件

      雨が少ないと発生が多い傾向がある。

発生予察方法


    ア 調査時期 ・場所

      被害植物 :5〜11月

    イ 調査方法

     ○手順
      @ 被害の確認 :ほ場を歩いてほ場全体で被害の有無を調査する。
      A 幼虫の種類と寄生虫数の確認 :被害がみられたら、なるべくほ場全体に散らばるように被害株を20株選び、幼虫の種類別に20株当たりの合計虫数を調査する。


調査結果の判断と防除

ウワバ類老齢幼虫 アオムシ老齢幼虫


防除方法

    ア 幼虫の見分け方に基づく防除法

     ○幼虫の種類により農薬の登録は別々なので、注意すること。判別した幼虫に対し登録のある薬剤を使用すること。
     ○使用薬剤については、地区の防除暦や県作成の主要農作物病害虫防除暦等を参考とする。なお、農薬の登録情報は刻々と変わるので注意が必要。
       最新の登録情報は農林水産省ホームページより確認できる。     

      イ 予防防除及び耕種的防除法

        定植時に植え穴に処理する薬剤等を施用する。
        コナガの発生の少ない夏期に栽培する。